2018年03月01日

制作メンバー募集

アルマディナ制作室ではメンバーを募集しております。

本編制作の募集項目
【イベントCG・線画】
 候補の中から選んでいただきますが、余力がありましたら描きたいシーンを追加することも可能です。
 作品の絵柄や雰囲気などは、後述の動画を御覧下さい。
【イベントCG・塗り】
 厚塗り、または厚塗り風の方。
 厚塗りにこれから挑戦したいという方も歓迎です。
 ※線画・塗りの両方での参加も可能です。

本編以外の募集項目
 アルマディナの世界観を描いたイラストや、
 キャラクターの日常などを描いた漫画(短編・四コマなど)の作画を担当下さる方を募集しております。
 【イラスト・漫画共通】
 ・白黒・カラー、デジタル・アナログは問いません。
 ・依頼した内容を完成させていただければ作業スピードは問いません。
 ・絵柄はデフォルメでもリアルでもどちらでも御参加可能です。
 【イラスト】
 ・世界観を描くイラストの場合、町や自然の背景が入る場合があると思われます。
 ・描きたいキャラクターがありましたら御相談下さい。
 【漫画】
 ・バトルやシリアス展開は現段階では予定はなく、日常を描くことを目的としています。
 ・希望があれば本編のキャラクターを用いてオリジナルのストーリーを制作いただくことも可能です。

【作品】
 ビジュアルノベル版
http://www.freem.ne.jp/win/game/12961
 動画版
https://www.youtube.com/channel/UCcwvIhd-HEGaeYO9XfcFrbw
 ボイスドラマ
https://soundcloud.com/user-641224726-226696195/voice-drama-01?in=user-641224726-226696195/sets/voice-drama
 音楽集
https://soundcloud.com/user-641224726-226696195/sets/armadina_music

【応募条件】
・経験、年齢不問
・音信不通にならない方
 ※依頼分を最後まで制作していただければ、制作スピードは問いません。
・skypeで連絡が取れる方
 ※連絡はメールのみという方も対応致します。
 ※基本的に通話はありませんが、タイピングが苦手な方には通話で対応致します。
 ※イラスト・漫画の応募者様の場合はTwitterのみの連絡も可です。

詳しいことはメールにて説明致します。
納期には余裕を持つことを絶対としていますので、自分のペースで
作業を進めていただいて問題ありません。
制作は長丁場となっており、これからもそうであろうと思われまが、
未完成のまま停止させないつもりで制作しております。
絶対に完成させたい作品です。是非とも御協力をお願い致します。

連絡先
pee.armadina@gmail.com
全角の@を半角に変換してください。

posted by アルマディナ制作室 at 00:00| Comment(0) | アルマディナ制作室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

アルマディナイラスト01・ゲスト ろかろえぽん様

アルマディナ制作室スタッフとゲストの方のイラストです。
ろかろえぽん様、かわいいイラストをありがとうございました!

子供時代のアランとモネ
Armadina_promotion01.jpg
Artist:ろかろえぽん 様

少女時代のモネとリンゴ
Armadina_promotion02.png
アランと魔導師サージェス
Armadina_promotion03.png
Artist:ピー

ウィーちゃん
Armadina_promotion04.jpg
Artist:湯ニキ

posted by アルマディナ制作室 at 22:26| Comment(0) | アルマディナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

スクリプト制作No.03~立ち絵の表示と消去~

アルマディナのスクリプトをご紹介します。
この作品は吉里吉里エディターを使用して制作しています。
http://www.poringsoft.net/kkde/
このスクリプトシリーズが、今後のノベルゲームを制作される方の参考になれば幸いです。

script03_pic.png
【立ち絵の表示】
アルマディナの立ち絵は主に0.3秒のフェードイン・アウトで表示・消去されます。
トランジションを用いて立ち絵を表示するためには、何も描かれていないpngの画像を
用意する必要があります。無くても表示出来ないか試しましたがダメでした。
アルマディナの場合では、通常の立ち絵は500×500のサイズで統一し、
同サイズの「notimage.png」を用意してフェードイン・アウトの演出をしています。

[pic]
[image storage="notimage" visible="true" layer="%lay|0" pos="%pos" page="fore"]
「notimage.png」を、指定したレイヤー、位置に表示します。
何も描かれていないので、画面では何の変化も起きません。
[image storage="%sto" visible="true" layer="%lay|0" page="back"]
表示したい立ち絵画像を、画面に表示されない裏ページに読み込みます。
指定するレイヤーと位置は前項目と同じです。
[stoptrans]
別のトランジションの処理中に新たなトランジションが発生すると
エラーになってしまいますので、トランジションを使いたい時には
万が一に備えて[stoptrans]で処理中のトランジションを止めておきたいです。
[trans time="%time|300" method="crossfade" layer="%lay|0"]
「notimage」と表示したい立ち絵が入れ替わります。時間指定しなければ0.3秒で処理されます。
[freeimage layer="%lay|0" page="back"]
必要かどうか自信がありませんが、念のため裏ページの画像は解放しています。
ちなみに、立ち絵を反転して表示させたい時は、
[flipLR layer="%lay|0" page="back"]
このマクロを使用して反転させます。flipLRは吉里吉里に備わったマクロではなく、
自分で用意する必要がありますが、中身は
[eval exp="kag.getLayerFromElm(mp).flipLR()"]
この一行です。flipUDにすると上下反転するそうです。
1番目のレイヤー、画面中央に反転したアランの立ち絵を表示したい場合、
[pic sto="alan" layer="1" pic="c" r]
このように指定しています。

【立ち絵消去】
やってることは立ち絵表示のほぼ逆です。
[image storage="notimage" visible="true" layer="%lay|0" page="back"]
表示の時とは逆に「notimage」を裏ページに読み込み、
[trans time="%time|300" method="crossfade" layer="%lay|0"]
表ページの立ち絵画像と入れ替えます。
1番目のレイヤーで表示している立ち絵を消去したい場合、
[freef layer="1"]
これでフェードアウトで消去されます。

スクリプト担当は面倒くさがりなのでレイヤーが0番目の場合、省略出来るようにしていますが、
もし複数人で制作する場合、この書き方は全くおすすめ出来ません。
スクリプトの視認性を損ないますし、引き継ぎや第三者のバグ取りの障害となる危険性があります。

posted by アルマディナ制作室 at 22:27| Comment(0) | 制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする